クマで健康状態をみる|目白ポセンシアのリスク回避方法を此処に伝授
ウーマン

目白ポセンシアのリスク回避方法を此処に伝授

クマで健康状態をみる

ドクター

症状の違い

目のクマは、疲れや寝不足が大きな原因ですが、時にはこれが病気のサインとなることもあります。まず、目のクマが体調不良の現れということについてですが、目の下の部分の皮膚は非常に薄く、内部の毛細血管の集まりが透けている状態です。疲れなどにより、血行不良が起きると、血管が黒ずんだ状態も透けて見えるのです。これが所謂目のクマの正体ですが、これだけでは病気ということにはなりません。目のクマが現れる病気にはいくつかありますが、最もクマの状態を作りやすい病気が鉄欠乏性貧血と言われています。鉄分の不足で貧血が起きると、血行が悪くなり、そして、赤黒い色をした還元ヘモグロビンが停滞して、目の下にクマができるのです。

血液の停滞する症例

目の下にクマが現れる重篤な病気は、他にも存在します。バセドウ病もその一つです。バセドウ病は、喉にある甲状腺で作られる甲状腺ホルモンが過剰に分泌されることで起こります。バセドウ病は眼球の突出が大きな特徴です。そして、それに伴い眼球の下にある眼窩細胞もせりだして、黒クマのような状態になります。その他、目の下のクマが現れる病気の症例も多数あります。肝機能障害やうつ病、アトピー性皮膚炎なども症状の一つとして、目の下にクマが出ることがあります。このようにしてみると、目の下のクマは、決して侮れない存在であることが分かります。目の下のクマが現れたら、他の症状と考え併せて、それぞれに応じた対処が必要となります。整形外科などでは、目の下のクマを除去する施術などが提供されているので、改善のためにそちらを利用するというのも賢い選択です。